吉沢クリニックについて

吉沢クリニックは、1985年開院の美容外科クリニックです。
「美容整形は宣伝でなく腕で勝負」と開業以来、院長ドクター吉澤がカウンセリング・手術・アフターケアー等、責任をもって一人で行っています。

手術は診察・説明を受けた後、十分納得してから受けていただきます。
このような当たり前と思われる診療方針により、患者さんは安心して手術・施術を受けられます。
美容外科手術歴40年、独自の手術法および器械を多数考案。そのため効果や確実性に優れた「吉沢式○○術」など当院オリジナル手術・施術が多数あります。

男性のための美容整形手術

美容外科医に転向した40年前より、「男性のペニスに対する思い入れは女性が顔やバストを美しくしたいのと同じだ」とわかり色々と研究してきました。

1980年以前の包茎手術は傷がペニスのど真ん中に残るような手術でした。
しかし、私は傷が目立たないように亀頭直下で切ったり、ペニスの根元で切る方法を考案しました。
その他、男性のペニスに対する色々な願望をかなえられるように長径術、脂肪注入術などあらゆる手術をおこなえるように研鑽をつみました。
その結果、吉沢クリニックでの男性の手術数の割合は女性とほぼ同じ位多いのです。

女性のための美容整形手術

多くの血管が張り巡らされている女性性器の手術は、確実な効果を得るには出血する事が多いので、骨盤内の解剖を熟知してなければなりません。さらにこの分野の手術には男女間の複雑な事情が絡むので、患者さんの深い悩みをじっくり聞き、理解できる熟練した経験が必要なのです。性器の美容整形手術は患者さんのこれからの人生を左右する大事な手術です。

他人に相談できずに一人で悩んでいる人が多いのですが、ドクター吉澤に相談してください。きっとこれからの人生が明るく開けること確実です。

大学病院産婦人科時代から通算してすでに50年以上の経験の中で開発した効果の確実な膣の手術方法や治療法は他医には真似のできないものです。

顔・体の美容整形手術

1985年に美容外科クリニックを開院以来、相談・診察・手術・アフターケアーとすべてをずっと一人でおこなってきました。

「ドクター吉澤が患者さん一人一人を確実に仕上げていく」というのが吉沢クリニックの特長です。
画一的に美容整形手術を施すのではなく、患者さんの色々な条件に合わせて一番適切な手術をおこないます。
そのために数多くの独自の手術方法や手術器具を開発しました。
私が自ら患者さんに合わせて鼻やアゴのシリコンプロテーゼを削り出すというのもその一つです。
なるべく傷を目立たなくする手術方法、術後の腫れをできるだけ少なくする手術方法など50年以上の研究と経験があなたにしあわせを運びます。

Dr.吉澤から一言

吉澤医院長
吉沢クリニックの美容整形は美容外科医学に基づいた本物の医療を探求した結果をクライアントに提供するもので決してエステの延長ではありません。
美容整形で一番重要なのは手術の技術で、宣伝ではありません。
私は1967年に医師になって以来、あらゆるチャンスを見つけ手術を極めるべく研鑽に励んできました。子宮ガン手術を数多く手がけたおかげで、私の手術は出血が少ない、早い、痛くない、傷が早くきれいに治るという評価を受けています。
私がおこなっている美容整形手術は、医師になった後に習得した手術の技術を工夫し応用した数多くの「吉沢式手法」を駆使し、患者さんの幸せを願っておこなわれています。

吉沢クリニック院長 医学博士 吉澤伸二 略歴

昭和42年
東邦大学医学部卒業
東邦大学産婦人科講師
藤枝市立病院医長を歴任
昭和60年
新宿に美容外科「ミナミクリニック」を開業
平成8年
美容外科「吉沢クリニック」に改称
昭和62年
日本美容外科学会認定専門医
平成12年
第79回日本美容外科学会会長