吉沢クリニック

二重の手術

はじめに

Dr.吉澤の二重の手術なら、天然の二重と区別がつきません。なぜなら解剖学的に天然の二重と同じ構造を作るからです

天然の二重まぶたでは、目を開ける筋肉から分岐した筋肉が上瞼の皮膚につながっています。目を開けた時その筋肉も一緒に縮むので、まぶたが内側に引っ張られ二重ができるのです。

現在のほとんどの美容外科で行われている二重の手術は、この筋肉の代わりに糸を縫い付けて二重を作る埋没法が主流となっています。

しかしこの埋没法には

  • まぶたの内側の黒目の方に糸が出るため目がゴロゴロしコンタクトが使えない。
  • 黒目を傷つける事がある。
  • 糸が取れ易い為、二重も取れ易い。

というデメリットがあります。

吉沢式埋没法

これらのデメリットを克服した埋没法が『吉沢式埋没法』です。これはDr,吉澤の綿密な解剖研究の末25年程前に確立した術式です。解剖学的に天然の二重とまったく同じ状態を作り、完璧な二重に仕上げる誰にもマネのできない術式です。

吉沢式埋没法のメリット

  • 瞼板(けんばん)の表面に糸をかけ、まぶたの裏の黒目の方に糸を出しません。
  • 術後、目がゴロゴロせずコンタクトを入れて帰れます。黒目を傷つけません。
  • 天然の二重とまったく同じ機序で二重にするので何より、二重が取れにくく仕上がりも自然です。

マイクロビーム法

Dr.吉澤の二重の手術には、吉沢式埋没法の他にもう一つオリジナル手術法があります。それがマイクロビーム法です。
この手術方法は切らないだけでなく、糸も使いません。瞼の皮フの二重予定線上で二ヶ所からマイクロビームを照射します。マイクロビームが皮下組織と瞼板に癒着を起こし、二重を作ります。このマイクロビーム法は、考案から開発まで全てDr,吉澤のオリジナルで、門外不出の夢の術式です。この術式は他の二重の手術に比べ、腫れ方も少なく、腫れのひきも早いのが特徴です。
このマイクロビーム法は若い人でまぶたにタルミが無く、狭い二重を希望する方には最適な手術法です。

切開法

Dr.吉澤が行う二重の手術は吉沢式埋没法が主流ですが、患者さんのまぶたの状態によっては切開法が必要な場合もあります。
部分切開法
全切開法
  • 上まぶたがむくみ易い人
  • まぶたがぶ厚い人
  • 他院で埋没法を受け何度も二重が取れてしまう人

など埋没法ではダメな人には診察の結果全切開法または部分切開法を勧める場合があります。

たるんだまぶたの二重の手術

まぶたのたるみが多い人が二重にする場合には、埋没法やマイクロビーム法では二重が取れたり、まぶたがかぶったりして手術自体が無駄になってしまいます。

ですからたるみが多い人が二重にする場合にはたるみ上げ重瞼術か、たるんだ皮膚を切り取るシワ取り重瞼術が必要です。

吉沢クリニックではあなたの好みの二重を作ることが出来ます

二重の型であなたの顔の表情は変わります。診察時には一通りのパターンを仮に作ります。その中から自分が一番気に入った二重を選ぶのがよいでしょう。

手術費用

吉沢式埋没法
¥86,400
マイクロビーム法
¥108,000
切開法(部分切開)
¥151,200
切開法(全切開)
¥259,200
当医院での二重の手術について
このように吉沢クリニックでは二重の手術として、埋没法・クイック法・マイクロビーム法・切開法(全切開・部分切開)・シワ取り法を行っており、患者さん一人 一人の年齢・体質にあった方法を選びます。あなたに合った 確実な手術方法を選ぶ事がきれいな二重を作る上で一番重要なのです。