膣縮小術

はじめに

膣の悩み

近年、一人で悩んでいる女性が増えています

  • 膣が緩いと言われた。
  • 最近彼がなかなかいかない。
  • 自信が無くて第二の人生に踏み切れない。
  • 緩いと言われそうで不安。
  • 風呂に入ると膣に水が入る。
  • 尿が漏れる。

「膣の緩み」は深刻な問題なのです

今から30〜40年前
若い時に何度も出産をし、産休も休まず畑仕事に出たために骨盤の筋肉が伸びきって膣が緩み、子宮が外に出てきてしまう「子宮脱」になった老夫婦が数多く居ました。
今現在
現代では出産をしてない若い女性でも、生活が豊かになった反面、体を動かさないために骨盤の筋肉が弱り、膣の締りが悪くなってしまうという現象が起きているのです。
深刻な問題
時代、環境が違い「膣の緩み」を引き起こす原因が違っても、いつの時代も膣の悩みはデリケートな問題であり、女性が一人で抱え込んでしまうのです。そのため、欝になってしまったりセックスレスになってしまったりと「女性にとって膣の緩みというのは本当に深刻な問題」なのです。
膣の緩み

膣縮小術を受けようと考えている患者さんへ・・・

「吉沢式膣縮小術」とは
Dr,吉澤の膣縮小術は、他院で行われている膣の入口だけを狭くするだけの従来の手術とはまったく違い、膣の奥深くまで狭くする本物の手術です。 膣縮小術は、膣の入口だけではなく、広がった膣の中自体を狭くしなければ意味が無いのです。 吉沢式膣縮小術の症例数は3千例を超え、事故やクレームも無く、安全かつ安定した効果と確実な実績を誇っています。
「吉沢式膣縮小術」とは
Dr.吉澤は、婦人科で15年以上、美容外科で30年以上、この道のベテランドクターです。
昭和50年頃、静岡県の藤枝市立病院へ産婦人科医長として出向し、若い医局員と共にお産や子宮ガンの手術に明け暮れていました。その頃の経験・知識・研究が、「吉沢式膣縮小術」の土台となっています。
子宮癌の手術を沢山手掛けたDr.吉澤だからこそ安全な手術が可能なのです。
婦人科出身のDr.吉澤だからこその「技術」

今はほとんど見かけなくなりましたが、昔、特に地方では「子宮脱」という病気がありました。「子宮脱」とは、若い時に何人も子供を生み、産後も休まず野良仕事に出ていたため、骨盤の筋肉が伸びきって膣がゆるみ、子宮が外に出てきてしまうという病気です。この病気の治療の中の一つに「膣の奥の直腸の周りにある肛門挙筋という筋肉を縫い縮めてから、膣の粘膜を縫い縮め膣壁の後面をしっかり締める」という手術技法があります。私の行う「膣縮小術」はこの技法を応用しているため手術時の出血も少なく、効果が大きいのです。

手術概要

吉沢式膣縮小術の種類

Dr.吉澤がおこなう膣縮小術には4パターンあります。

  • パターンⅠ
  • パターンⅠエピ
  • パターンⅡ
  • パターンⅢ
パターンⅠ・パターンⅠエピ 膣縮小術で最も安価で簡単なタイプです。

私がおこなう膣縮小術で最も安価で簡単なタイプですが、膣の奥から狭くなるので入口だけの手術とは比べ物にならない位、効果は大きいのです。
両者共手術は膣の後壁の粘膜を入口からできる限り奥まで、幅もできる限り広い範囲で狭くします。両者の違いは、麻酔が違います。パターンⅠは手術部位に注射で麻酔、パターンⅠエピは硬膜外麻酔で下半身を麻酔します。硬膜外麻酔をかけることにより、より深くより広く手術できるためパターンⅠエピの効果はパターンⅠとパターンⅡの間とお考え下さい。
お産していない人、これからお産を予定している人、とりあえず今より狭くなれば良い人、手術費用やセックスするまでの日にち的余裕が限られている人にお勧めです。

パターンⅡ 吉沢クリニックで患者さんに最も人気があるタイプです。

腰に硬膜外麻酔をして手術範囲を麻酔するので安心して手術を受けられますし、麻酔で膣が広がりますのでより深く、広い範囲で膣壁を狭く、筋肉も締めることができます。
お産して拡がってしまった人、お産の時に膣壁が裂けてしまった人、お産してなくてもゆるい人、他院手術後のやり直しを希望する人、より大きな効果を期待したい人などにお勧めです。

パターンⅢ 最近手術希望者が多くなっているタイプです。

硬膜外麻酔で手術します。膣前壁も尿道の下を入り口ら奥まで狭くするので膣は極端に狭くなり、尿漏れも治ります。
骨盤の筋肉がゆるみ子宮が下降している人、尿漏れがある人、絶対的な手術効果を期待したい人などにお勧めです。

きちんとした診察で状態を確実に把握してあなたに合った手術を組めば、どんなに広がったゆるい膣も必ず奥深くから狭くできます。
これは極端な話ですが、Dr,吉澤の膣縮小術なら患者さんの希望によっては膣の奥(子宮口が見えるところ)から膣の入り口まで、指一本がやっと通るぐらいにまで狭くする事もできるのです。
こんなメリットがあるのは世界中でもDr,吉澤の吉沢式膣縮小術だけです
吉沢式膣縮小術では、単に奥から狭くなるだけでなくヒダも増やすのです。奥深くから縫い縮めた時に特殊な縫い方をして粘膜でヒダを作ります。

「膣の奥深くから狭くする膣縮小術」ができるのはDr.吉澤だけ・・・

当院では一般の膣縮小術よりもはるかに高いレベルの手術を行っています
Dr.吉澤は15年以上の産婦人科医の経験を元に「効果のある膣縮小術」を考案し、すでに30年以上に亘り施術してきました。他院でおこなう膣縮小術は入口だけが多いのですが、私がおこなう膣縮小術は入り口だけでなく奥深くまで狭くするので効果バツグンなのです。
婦人科出身のDr.吉澤だからこそ
「膣の奥深く(子宮の入り口近く)から狭くする膣縮小術」ができるのは私しかいません。というのは、膣の回りは沢山の静脈の網で囲まれていて、婦人科手術の経験が少なく、膣の回りの解剖がわからない医師が膣の奥深くまで手術をしてしまうと、大出血をおこしてしまうからなのです。ですから当院には新規の患者さんだけでなく、入口だけを狭くする膣縮小術を受けて効果のなかった気の毒な人も再手術を希望して来院するのです。
Dr.吉澤の使命と想い
この手術は、手術を受けた女性に「私はDr,吉沢の膣縮小術を受けたのだから中まで締まりが良くなったんだ。」と自信を持ってもらう事が大事なのです。私はその思いに十分応えるべく、責任ある手術を行う事が使命と心得ています。また手術を受けた女性よりも、相手の方からの感謝の言葉が返って来る事があるのも私の膣縮小術の特徴です。そんな時、美容外科医としての感慨深いものがあります。

手術概要

膣縮小術情報
パターンⅠ パターンⅠ・エピ パターンⅡ パターンⅢ
手術時間 1時間 1時間 1時間30分 3時間
クリニック滞在時間 1時間 6時間
麻酔の有無 局所麻酔(注射) 硬膜外麻酔
抜糸の有無 自然に溶ける糸を使うので抜糸は必要なし
仕事(通常生活)復帰までの期間 次の日から家事・事務仕事は可。
腫れ・傷の有無 外側には腫れは出にくい。膣の外側に1本の細い線として残るが目立たない
シャワー・入浴など
術後の規制
  • シャワーは、3日後から可。入浴はオリモノが少なくなってから
  • ウォシュレットは、その日から可(ビデは不可)
性交は1ヶ月禁止 性交は1ヶ月半禁止 性交は2ヶ月禁止 性交は2ヶ月禁止
その他
  • 手術前診察・検査異常なければ手術日予約
  • パターン1は子宮癌検診・血液検査異常なければ、当日診察・手術可
  • 手術後はパターンⅡ・Ⅲでも入院の必要は無く夕方に帰宅可
  • パターンⅢのみ尿道カテーテルを挿入して帰り、翌朝、自分で抜く

膣縮小術:パターンⅠ

手術時間
1時間
クリニック滞在時間
1時間
麻酔の有無
局所麻酔(注射)
抜糸の有無
自然に溶ける糸を使うので抜糸は必要なし
仕事(通常生活)復帰までの期間
次の日から家事・事務仕事は可。
腫れ・傷の有無
外側には腫れは出にくい。膣の外側に1本の細い線として残るが目立たない
シャワー・入浴など術後の規制
  • シャワーは、3日後から可。入浴はオリモノが少なくなってから
  • ウォシュレットは、その日から可(ビデは不可)
性交の規制
性交は1ヶ月禁止
その他
  • 手術前診察・検査異常なければ手術日予約
  • パターン1は子宮癌検診・血液検査異常なければ、当日診察・手術可
  • 手術後はパターンⅡ・Ⅲでも入院の必要は無く夕方に帰宅可
  • パターンⅢのみ尿道カテーテルを挿入して帰り、翌朝、自分で抜く

膣縮小術:パターンⅠ・エピ

手術時間
1時間
クリニック滞在時間
6時間
麻酔の有無
硬膜外麻酔
抜糸の有無
自然に溶ける糸を使うので抜糸は必要なし
仕事(通常生活)復帰までの期間
次の日から家事・事務仕事は可。
腫れ・傷の有無
外側には腫れは出にくい。膣の外側に1本の細い線として残るが目立たない
シャワー・入浴など術後の規制
  • シャワーは、3日後から可。入浴はオリモノが少なくなってから
  • ウォシュレットは、その日から可(ビデは不可)
性交の規制
性交は1ヶ月半禁止
その他
  • 手術前診察・検査異常なければ手術日予約
  • パターン1は子宮癌検診・血液検査異常なければ、当日診察・手術可
  • 手術後はパターンⅡ・Ⅲでも入院の必要は無く夕方に帰宅可
  • パターンⅢのみ尿道カテーテルを挿入して帰り、翌朝、自分で抜く

膣縮小術:パターンⅡ

手術時間
1時間30分
クリニック滞在時間
6時間
麻酔の有無
硬膜外麻酔
抜糸の有無
自然に溶ける糸を使うので抜糸は必要なし
仕事(通常生活)復帰までの期間
次の日から家事・事務仕事は可。
腫れ・傷の有無
外側には腫れは出にくい。膣の外側に1本の細い線として残るが目立たない
シャワー・入浴など術後の規制
  • シャワーは、3日後から可。入浴はオリモノが少なくなってから
  • ウォシュレットは、その日から可(ビデは不可)
性交の規制
性交は2ヶ月禁止
その他
  • 手術前診察・検査異常なければ手術日予約
  • パターン1は子宮癌検診・血液検査異常なければ、当日診察・手術可
  • 手術後はパターンⅡ・Ⅲでも入院の必要は無く夕方に帰宅可
  • パターンⅢのみ尿道カテーテルを挿入して帰り、翌朝、自分で抜く

膣縮小術:パターンⅢ

手術時間
3時間
クリニック滞在時間
6時間
麻酔の有無
硬膜外麻酔
抜糸の有無
自然に溶ける糸を使うので抜糸は必要なし
仕事(通常生活)復帰までの期間
次の日から家事・事務仕事は可。
腫れ・傷の有無
外側には腫れは出にくい。膣の外側に1本の細い線として残るが目立たない
シャワー・入浴など術後の規制
  • シャワーは、3日後から可。入浴はオリモノが少なくなってから
  • ウォシュレットは、その日から可(ビデは不可)
性交の規制
性交は2ヶ月禁止
その他
  • 手術前診察・検査異常なければ手術日予約
  • パターン1は子宮癌検診・血液検査異常なければ、当日診察・手術可
  • 手術後はパターンⅡ・Ⅲでも入院の必要は無く夕方に帰宅可
  • パターンⅢのみ尿道カテーテルを挿入して帰り、翌朝、自分で抜く

手術費用

Ⅰ型
¥294,000
Ⅰ型エピ
¥420,000
Ⅱ型
¥630,000
Ⅲ型
¥945,000

出来る限り多くの方に…

経験と技術と根気の必要なこの手術を、他院の入り口だけを狭くする手術と同金額(又は筋肉ごと縮めて1,5倍)の手術費用で可能になったのは、当院が広告宣伝費をかけずに運営されているため、広告宣伝費が手術費用に加算されていないからなのです。

当院と他院では、手術の内容と効果が違います

手術時間に関して
膣縮小術を行っているほとんどのクリニックの場合〝手術時間は30分程度〟となっています。それに比べ、吉沢クリニックの膣縮小術は〝手術時間が1時間~3時間〟と確かに手術時間が長くなってしまいます。
それは、同じ「膣縮小術」と言っても当院の手術と他院の手術では内容がまったく違うからです。
他院で行っている膣縮小術は、筋肉も同時に狭くすると言ってもあくまで膣の入り口を狭くするだけですが、Dr.吉澤の膣縮小術は、膣の奥深くまで(子宮口近くまで)狭くするのです。
そのため、範囲も広く、時間もそれなりにかかるのです。
手術費用に関して
「安くすむなら入り口だけを縮めればよい」という方であれば他院で手術をしてもらえば良いと思います。
私の膣縮小術は、粘膜だけ縮める手術も、筋肉ごと縮める手術も膣の奥深く子宮の入り口近くから狭くする手術です。
というのも膣が緩んでいるという人は、膣の中の締まりが無く膣の表面がツルツルになってしまっているのですから、しっかり膣の中まで狭くしなければ意味が無いのです。
通常の膣の緩みの場合、私の膣縮小術なら子宮の入り口近く・膣の奥深くから狭くするので、粘膜だけ縮める手術で十分です。しかしあまりにも緩んでいる場合は、筋肉も一緒に子宮の入り口近く・膣の奥深くから狭くする手術を受けていただいています。

以上のことより
膣縮小術を希望するみなさん自身が、手術の内容の違いと手術時間と手術料金の兼ね合いをよく理解して、自分に合った手術はどれかをよく考えてみてください。

相談メールはこちら

気になること、わからないこと等が御座いましたらこちらよりお気軽にお問い合わせ下さいませ。