出べその手術

はじめに

海でのビキニスタイルは健康的な感じがしますね。また街なかのへそ出しルックや腰を露出して自転車に乗ったりするのは今や普通の光景ですね。
でも、「出べそだからそんなこと無理」とあきらめている女性がいます。そのような人には出べそを直しスッキリしたおへそになって楽しい生活を送ることをオススメします。

出べそを直すのは私のようにお腹の中の手術を沢山手掛けた医師であれば手術は安全に簡単に終わります。
私の手術は、麻酔注射がチックとするだけで手術中は全く痛くなく、30分位で終わり、そのまま帰宅できるのです。傷跡はおへその中につくので全く目立たないのです。決してお腹の表面に出ることはありません。
ところが、同じ出べその手術でも医師によってやり方が異なります。せっかく手術を受けたのに傷跡だけ目だって肝心のおへそはくぼんでいないので手術をやり直しにくるというような可哀想な患者さんもいます。これは出べその解剖を分かっていないのでどのように手術してよいかわからない医師とか、出べその手術はおなかの深いところ手術するのでそれが怖く表面だけしかいじれないという医師が手術を手掛けるからだろうと想像しています。

でべそ手術の正しい方法

でべそ手術の正しい方法

どんな出べそでもDr,吉澤の手にかかれば、きれいなおへそに生まれ変わります。

手術費用

軽度
¥160,000
中・重度
¥200,000

手術費用は、基本料金です。ほとんどの手術は基本料金+消費税で行うことができます。
ただし、初回診察料2,000円・再診料1,000円・手術後の薬代5,000~20,000円が必要です。
また、他院で行った手術のやり直しの場合には基本料金に+30,000円となりますのでご了承下さい。

手術・施術の副作用(リスク)等

基本、手術・施術においてはその内容により注射をしたりメスを使ったりいたします。

主な副作用(リスク)

麻酔などの注射の場合・・・ 腫れ
メス・電気メスの場合・・・ 腫れ・傷・出血
※傷跡を目立たなくするのが美容整形です

稀な副作用(リスク)   
※副作用には個人差があります

熱感・発赤などを感じることがあります。
麻酔液・注射液には必ず「アナフィラキシーショックに注意」と記載がありますが、それに対する準備は常に整っております。

手術・施術時もしくは術後における考えられる副作用(リスク)等
  • 症例には個人差があるため、患者さんの理想通りできない場合がある
  • 術後の経過は個人差がある
  • どんな手術・施術でも患者さんの過度な期待に添えない場合がある
吉沢クリニックにおける副作用(リスク)等の回避策
Dr.吉澤による完全主治医制

吉沢クリニックではDr.吉澤が最大の注意を払い、手術・施術の確実性を心がけ患者さんに安全と安心を、そしてコンプレックスからの解放を願い40年以上他医に任せる事なく一人で患者さん一人一人に真摯に向き合い丁寧に手術・施術を行っております。
当院では、全ての患者さんに終始一貫した常に安全でハイレベルな医療を提供するため、診察からアフターケアまでDr.吉澤が一人で行います。

徹底したインフォームドコンセント

当院では、診察の際(術前)に患者さんの悩みを聞き、現状を把握し一番適切な手術・施術方法を提案いたします。
その際メリット・デメリットも含めきちんと説明し、手術をする・しないは、患者さんの意思を尊重し決して無理強いは致しません。
患者さん自身が十分納得されなければ手術は致しませんので不安な点などありましたら診察時にご相談ください!

相談メールはこちら

気になること、わからないこと等が御座いましたらこちらよりお気軽にお問い合わせ下さいませ。