PRP(多血小板血漿)療法の紹介

PRPとは

アメリカのメジャーリーグの大谷選手や田中選手が腕の故障でしばらく欠場していました。
手術で治すか注射で治すか迷った挙句、注射を選んで治療し今再び活躍できるようになりました。
この治療に使った注射が『PRP』 なのです。

私が使っているPRPは、既存のPRPの概念から更に独自に研究開発を加えて安全に使えるように完成させたものです。
患者さん本人から取った血液を使うため安全性にも優れています。

PRPはどんなことに使って効果があるのか?

○皮フの若返り
○シワの消失
○肩の痛み(五十肩)、ヒジの痛み(テニス肘)、ひざの痛み、腰の痛みの軽減・消失

に使います。

※但し、諸痛みの解消は骨に異常の無いものに限ります。言い換えれば骨に異常が無くて筋肉、腱,靭帯などの痛みをとるには非常に効果があります。

また、脂肪注入時に注入する脂肪にPRPを混ぜると生着率がアップします。

吉沢式PRPはどのようにしてつくるのか?

血液は血漿と血球がまざっていて、血球の中には赤血球・白血球・血小板が含まれています。

患者さんの血液を採取し「血小板」のみを分離して集めます。この血小板を集める時に「白血球がまざらないようにしてより多くの血小板を集める」というのが吉沢式PRPの特長です。なぜなら白血球がまざると注射した部位に炎症が起きてしまうので痛みや腫れが出てしまうからです。
その後、血小板の多く入った血漿に特殊処理(※この特殊処理は技術秘密です)を施すと血小板の中からグロスファクター(成長因子)が出てきます。
これを患部に注射するのです。
            
私のPRP療法というのは厳密にいうと
「PRP由来のグロスファクター(成長因子)注射療法」
というものなのです。

なぜ吉沢式PRP療法は効くのか?

PRPには7つの成長因子が含まれています。
各因子はそれぞれ血液・神経・血管・骨・軟部組織などの成長因子として働きます。
この成長因子を抽出し患部に注射すると

「気になる皮フ・シワ」の場合・・・
その部位周辺の血管の新生を促進し、年をとった細胞の修復と再生を図り細胞に元気を与えます。そのため、皮膚が若返り深くなった皮フのシワが消失します。

「痛み」の場合・・・
その部位の血管の新生を促進し、傷ついた筋肉・腱・靭帯などの軟部組織の細胞に元気を与えることにより、傷ついた細胞の修復と再生が図られ痛みが軽減・消失します。痛い部分に痛み止めの注射をしたり、外から湿布したり、電気をかけたりするのはあくまでも対症療法でしかありませんが吉沢式PRP療法は傷ついた場所を直接治す方法です。

吉沢式PRP療法の注射

患者さんから一度に20cc~50ccの血液を採取します。故障している場所が広ければそれだけ多くのPRPが必要になり、必然的に多くの血液が必要になります。

採取した血液の処理に約1時間かけてPRPから成長成分を含む液を抽出します。液は黄色透明のきれいな液体です。
その間、患者さんの注射部位には痛み止めの麻酔クリームを塗布しておきますので注射する時は針を刺す痛みは全くありません。

注射終了後その場所には化膿止めの軟膏を塗りガーゼを当て帰りますが注射部位が痛むようなことはありません。当日のみ注射部位は濡らさないように注意が必要です。

吉沢式PRP療法の費用

1回の費用は3万円から10万円です。

患部の広さにより採取血液量が異なりますし、成長因子の抽出にかかる時間も異なります。

手術費用は、基本料金です。ほとんどの手術は基本料金+消費税で行うことができます。
ただし、初回診察料2,000円・再診料1,000円・手術後の薬代5,000~20,000円が必要です。
また、他院で行った手術のやり直しの場合には基本料金に+30,000円となりますのでご了承下さい。

吉沢式PRP療法の回数

1回で治る場合もあれば数回必要の人もいます。

皮フの老化の程度・障害がでてから治療を開始するまでの時間、障害の広さと大きさ、安静度などによりかなり個人差があります。

相談メールはこちら

気になること、わからないこと等が御座いましたらこちらよりお気軽にお問い合わせ下さいませ。